奥穂南稜PART2

さて、登攀するルートです。
まずは岳沢から見るとこんな感じ

d0101660_2255449.jpg



河童橋から見るとこんな感じ
実際に登ったルートを下山してきて確認すると感激も増し増ます!

d0101660_22646.jpg


当日は3時起床、4時出発予定。
ヘッドランプをつけての出発です。
予報とはちがい風は強いです。
取りつきからは急な雪壁。
ピッケルはほぼダガーポジション。
アイゼンもしっかりと効かせなければいけません。
スリップしたら止まらないような急傾斜!
途中緩傾斜なところもありましたが、南稜全体を通じて、急傾斜な雪面、雪壁と岩場の連続。
なので、休憩もろくにとれないし、写真も撮れない。。。

こんなチムニーもあります。

d0101660_2211727.jpg


最初のほうは青空も広がっていましたが・・・。

「焼岳  乗鞍  御嶽」
眼下には上高地も


d0101660_22114949.jpg


上部雪稜を行く先行パーティー


d0101660_22131084.jpg



南稜の頭到着時にはガスっていました
時折、前穂高岳を望むことができましたが、これより先、吊尾根はめちゃくちゃ悪く、1回懸垂下降もあり、天候も雪になり、今回の山行の核心部となりました。
ので写真はナシ。

d0101660_2216263.jpg



d0101660_22164998.jpg


岳沢小屋に戻ってきたのは16時。
12時間行動となりました。
[PR]
by north-alps | 2013-05-06 20:00 | 登山


<< 奥穂南稜PART3 奥穂南稜PART1 >>