<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

花がいっぱいPART4

やっとで天気が安定してきました。

「キツリフネ」
d0101660_8401820.jpg


「クサボタン」
d0101660_841375.jpg


「トモエソウ」
d0101660_8414669.jpg


先日の夕立ちで明神岳の岸壁に滝が出現しました。
d0101660_8434135.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-30 08:43

花がいっぱいPART3

夏休みにはいって2回目の週末です。
やっぱりなかなか忙しかったですね。
あいにく天気は雲が多めの晴れ。
なので、山から降りてきたお客様も山の展望はきかなかったということです。

「オオウバユリ」
株数が減っていたのですが、今年は少し増えた様子。
d0101660_19225875.jpg

「センジュガンピ」
d0101660_19235159.jpg

「ゲンノショウコ」白と赤
d0101660_19244478.jpg
d0101660_19245971.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-26 19:25

花がいっぱいPART2

今日はこの夏初めての夕立ちがありました。
そりゃぁもうバケツをひっくり返したように降る降る。
おまけに雷も!4時くらいだったからいいようなもののこれが2時とかだったらと思うと・・・。
明日からまた週末の混雑がやってきます。

「イタドリ」
d0101660_2050247.jpg

「ウツボグサ」
d0101660_20505940.jpg

「キンミズヒキ」
d0101660_20522226.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-25 20:52

花がいっぱい

久しぶりに休憩時間に周辺を散歩してみました。
3連休は流石に忙しく散歩なんてせずに休憩時間は寝ていましたが、ひと段落ついた今日は散歩ということになりました。
歩いてみるとけっこう花が咲いているんですよ。
何回かにわけて紹介していきます。
すべて明神池周辺10分以内のところです。
「ウド」
d0101660_19503582.jpg

「クガイソウ」
d0101660_19512960.jpg

「キバナノヤマオダマキ」
d0101660_19521412.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-24 19:52

夏休みが始まった!

土曜日から今年の夏が始まりました。
これから怒涛の日々がお盆過ぎまで繰り広げられます!
身体がもつか心配・・・。
土曜日にこちらも梅雨明け宣言が発表されました。
今日の月曜日までたくさんのお客様がいらっしゃいました。
明日からは平日ですが今までのような平日ではありません。
それなりに忙しいのです。
でも以前とくらべると山の人が少なくなったような気がします。
「明神岳盛夏」
d0101660_1933640.jpg

蜘蛛もマイホームを建てるのが夢?
このあと風で壊れてましたが・・・。
d0101660_1945611.jpg

[オニシモツケ」
d0101660_1952855.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-21 19:11

電気がきた!

やっとで電気がきました。
4月から工事が始まり昨日の午後に無事開通となりました。
上高地の電力は東京電力から中部電力が買い、上高地の各施設に行きわたっているそうです。もちろん梓川の水力発電による電気です。
お疲れ様でした。発電機たち。
d0101660_19445592.jpg
d0101660_19451334.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-19 19:46

八ヶ岳 硫黄岳

連休を利用して八ヶ岳は硫黄岳へ行ってきました。
といっても日帰りですが。
桜平~夏沢鉱泉へ。
夏沢鉱泉では一昨年のスタッフと再会。
コーヒーをごちそうになりいざ硫黄岳へ!
去年も7月の上旬に行きましたが、今回も展望はきかず真っ白け!
でも初めて黒百合を見ることができました。
あと、中学生の学校登山総勢450名!
先生も、生徒たちもたいへんだぁ!

d0101660_1884147.jpg
d0101660_189323.jpg
d0101660_1892728.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-17 18:09 | 登山

嘉門次小屋PART2

嘉門次小屋といえばこの囲炉裏が有名です。
中には、ウェストンが日本を離れるときに友情のあかしとして嘉門次に贈ったピッケルと、嘉門次愛用の村田銃が展示されています。
d0101660_18334641.jpg
d0101660_1834574.jpg
d0101660_18342296.jpg
d0101660_18343686.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-11 18:34

嘉門次小屋PART1

今日は上高地で最も古い、歴史のある嘉門次小屋を紹介します。
あの、日本アルプスを世界に紹介したウォルター・ウェストンを案内した上條嘉門次が初代です。歴史は1880年から始まります。
その当時の上高地は松本藩の藩有地でした。そこで木こりの手伝いをしながら山のことを学んでいったようです。
明神池のほとりに住むようになったのが1880年。
1年のほとんどを上高地ですごしていたようです。
岩魚を釣ったり、熊、カモシカを獲ったりしながら・・・。
そこで、徳本峠を越えてきたウェストン氏と出会って嘉門次の人生は変わったのでしょう!
d0101660_20343688.jpg
d0101660_203455100.jpg
d0101660_20351474.jpg

d0101660_20371466.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-10 20:35

朝比奈隆100歳

大学が京都にあったことからよく朝比奈隆/大フィルの定期演奏会にはほとんど行っていました。
年末の第九は必ず行っていたし、チクルスにも通し券を買って通いました。
ベートーヴェンの交響曲は全曲経験していますし、ブルックナーも4,5,7,9聴きました。
京都を離れてからは遠ざかっていましたが最後の演奏は1996年の7月の第300回定期だったでしょうか?ブルックナーの5番だったような気がします。
大学のときには東京で演奏会があるとなると東京まで鈍行で行ったこともありました。
結局、なかなか死ぬことはないだろうと思っていましたが残念ながら2001年12月29日永眠されました。
大学時代夢中になれた趣味、経験でした。
で、最高のゾクっとした演奏はなにかというと、ベートーヴェンの交響曲全集第5回目のレコーディングコンサートでの交響曲第8番です!
第一楽章の出だしのあのスローなテンポ。
今まで経験したことのない遅さでした。
ベートーヴェン、ブルックナーは最高じゃないかな・・・。
あんなタイプの指揮者なんてもう出ないんじゃないかな。
生誕100年ということでいろいろCD聞いて振り返っています。
d0101660_193997.jpg

[PR]
by north-alps | 2008-07-09 19:08