アイスクライミング「 刃渡り沢」

もしかしたら今シーズン最後のアイスクライミングかも?
ということで、尾白川渓谷へアイスのマルチへ行ってきました。

昨年はガンガノ沢でしたが、今シーズンは「刃渡り沢」登ってみたかったんです。
八ヶ岳のアイスは寒いだけ・・・。少し語弊がありますが。
尾白は標高の低いぶんまだマシ。
が条件が難しいんです。

刃渡り沢は一番遠い場所にあり、アプローチ約2時間かかります。
バーチカルもあり、ナメ滝もあり。なかなか良いルートでした。

最初に現れる滝 F1
15m、60度の氷瀑があり、その上に傾斜の緩い氷瀑が60m。

d0101660_2131919.jpg



d0101660_2133454.jpg



F2 いわゆる「双翼の氷柱」
高さ20mほどで7~8mの垂直部分があります。
今回は左側を登りました。
右側は水がじゃんじゃん流れていて登れる状況ではありませんでした。

d0101660_216162.jpg



この双翼の氷柱を抜けると50mほどの岸壁に囲まれた大滝があります。
左右登って終了となりました。
右側は垂直部分も長く、また、疲れていたこともあったかもしれませんが、一番難しく感じました。
左側は傾斜は75~80度くらいですが岩に張った氷(ベルグラ)を登りました。


d0101660_21104230.jpg



d0101660_2111493.jpg



「刃渡り沢」なかなか良いところ。
今回は、帰りにいろいろ右往左往してしまいましたが・・・。

朝のピンク色に染まる甲斐駒

d0101660_21185714.jpg


追加
ガイドさんから写真が届きました・・・。

d0101660_19425629.jpg



d0101660_19432016.jpg

[PR]
by north-alps | 2013-02-05 21:11 | クライミング


<< がっつり「きま八郎」 雪の造形 >>