大同心大滝と摩利支天大滝アイスクライミングPART1

この週末、今シーズン最後のアイスクライミングへ行ってきました。
行先は、八ヶ岳。
まだまだ登れます。

今回は初日土曜日に大同心大滝。日曜日に摩利支天大滝。

八ヶ岳でも難易度の高い2本です。

春のこの時期、通常だと氷は柔らかくなっていて、アックスが刺さりやすくなっているのですが、4月に入っての寒波のせいで、氷は固く、難易度は高くなっていました。

初日の土曜日、お昼に赤岳鉱泉に到着し、昼食の後出発です。

大滝まではアプローチ40分ほど。
小雪がちらつき、あたりは真っ白になっていました。

眼前に大滝が聳えています!

大同心大滝は高さ約50mと大きく、上部10mほどが垂直で核心となっています。
ひとつの滝としては八ヶ岳では1番です。

気温も日中でも氷点下になっていて、おそらくマイナス7度ほど、最初に中央の凹のところは何とか登れましたが(けっこう自分でもビックリ)あとの2本は、途中で腕がパンプし敗退(涙)。
ですが、1本登れましたので、満足満足です。

しかし、東京では桜が満開したというのに、八ヶ岳はこの寒さ。
日本は狭いって言われますが、こんなに季節の差があるんですねぇ~。



最初に中央の凹を登りました。
ステミングが大事。

d0101660_20301821.jpg




大同心大滝全景。
3段になっていて、全部で落差50m!


d0101660_20311447.jpg



晩御飯は赤岳鉱泉の「ステーキ」!!


d0101660_20315219.jpg

[PR]
by north-alps | 2012-04-08 20:32 | クライミング


<< 大同心大滝と摩利支天大滝アイス... またまた忘れた月命日・・・ >>